読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかにして、統合失調症の姑とうまく関わるか

統合失調症の姑との毎日を綴ります。(*2016.4.4~の入院では、双極性障害と診断されました)

嫁姑問題って永遠のテーマですね

こんばんは、haruです。

 

お昼の番組なんかでも取り上げられることの多い、「嫁姑問題」

 

我が家でも、例に漏れずしっかりとあります。今日もありました。しかも、主人がいないときを狙ったかのように、それは起こります。

 

平日は、お昼を食べてから仕事にいくことが多い主人。ですが、今日は東京で勉強会があり、朝からいませんでした。なので、お昼は、私と息子と千代さんだけ。

 

掃除を済ませ、洗濯機をまわし、お昼の準備も終わって、自分たちの部屋で一休みしていた時・・・・。

 

ガチャ!とドアがいきなり開いて、「今日、お昼いらない。」と千代さん。←ノックくらいしてほしいのに

 

もう用意してあるよと伝えたけれど、「お腹すかないから。」だって。

 

このやりとり、主人がいない時にだけ起こります。完全に狙ってるとしか思えないんですよね、私。

 

だって、いつも、用意し終わってか、今言う?みたいなタイミングですし。

 

これも、病気のせいなのか、もともと性格なのか、それとも姑だからなのか。

 

私も、「お腹すかないから。」と言って、作るのを拒否ってみたい。

 

まあでも、そっくりそのまま夕食に出来たからラッキーってことにしとこう(笑)