読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかにして、統合失調症の姑とうまく関わるか

統合失調症の姑との毎日を綴ります。(*2016.4.4~の入院では、双極性障害と診断されました)

入院して一ヶ月が過ぎました

ずいぶん、更新せずにいましたね。こんばんは、haruです。

 

千代さんの入院、先月の4日でしたから、もう、一ヶ月が過ぎたんですね。なんかあっという間でした。

 

息子の入園式。早速、洗礼を受けての咳や高熱。さらにはおう吐下痢症。(息子は腹痛と下痢だけでした)←今、主人が感染中

 

そして、千代さんが放置している、ひろーいひろーい畑の管理。なんかずっと忙しかったですよ。

 

千代さんがいたら、確実にてんてこ舞いだっただろうと思います。マジ、神様っているんだなーって、ちょっと思いましたもん。人生、うまく出来てるもんですね。

 

 

そして、千代さんはというと・・・、ずいぶん回復してきたようです。毎週、主人が主治医と話をするために病院へ行ってきます。

 

あ、私は行きません。順調に回復しているという話を聞くと、自分の中でカウントダウンしてしまって良くないかなと。ま、嫁だし、他人だし、別に行かなくてもいいよねって思っているのも事実。

 

いいよね、今だけ。少しの間、のびのびするんだ。長くても、あと二ヶ月以内に戻ってくるんだし、今だけ今だけ。

 

 

先週は連休だったので、先々週の話での千代さんの様子ですが、尿意はまだないそうです。が、パッドをしなくても大丈夫になったとか。

 

尿意がないのに、どうしてパッドしなくていいんだろう?なんか腑に落ちないですが、主人の話だとそうらしい。

 

一般病棟に移ったので、隔離もされていません。パジャマ以外の服も持っていきましたから、外へのお散歩も始めたみたいです。

 

メキメキ回復してる・・・。

 

 

どんなにすごい躁状態での入院でも、ちょっと薬の調整をするための入院でも、今回のようにADLの低下の原因を調べる入院でも、ほぼきっちり三ヶ月の入院です。

 

なんなんだろう?って思いますよね。病院も、経営大事ってことでしょうか。

 

 

とにかく、3月いっぱいで切れた介護保険の認定調査を、この入院中にしなければいけません。少しでも、使えるものを用意しておかなきゃですよね。

 

あー・・・、どうなることやら。