読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかにして、統合失調症の姑とうまく関わるか

統合失調症の姑との毎日を綴ります。(*2016.4.4~の入院では、双極性障害と診断されました)

壁ドン

こんばんは、haruです。

 

私、ペインクリニックへ行ってきました。もともと、腱鞘炎で通ったりもしたことがあるのですが、今回は違います。

 

原因は、ちょっと前に流行った「壁ドン」です。

 

と言っても、もちろん、斎藤工にされるような、ドキドキするものではありません(笑)

 

 

実は、千代さんが入院する直前、私の精神状態も限界でした。ジャージャーと出っぱなしの尿や、それでもなお尊大な千代さん。入園直前の息子。やってもやってもキリがない家事。

 

もう、どんな一言だったのかも忘れちゃったけど、千代さんから受けた言葉で、ぶちっと切れました。

 

だけど、三歳児はいるし、落ち着かない千代さんもいる。二人にあたるわけにもいかず、右横にあった壁に、げんこつを一発、ドン!!!!!

 

溜まりに溜まった内なるパワーを放出したわけですからね、相当な力だったと思います。自分でやったので、無意識に加減はしていたと思いたいですが・・・。

 

その日からしばらく、すべての指の付け根の関節が痛みました。とにかく、何かをつかもうとすると痛い!それでも、少しずつ軽減されていったので、打撲だと思ってそのままにしておきました。

 

あれから一か月半以上経って、関節の痛みは消失したものの、げんこつにした時に下になる方、つまり、壁に当てた場所の痛みだけは、全く軽減されることなく残っていたのです。

 

子供や主人に手を握られただけで激痛が走ります。

 

これはマズイんじゃ?もしかして、骨折とかヒビ?と不安になってきまして、それで病院へ行ったのです。(だって、主人と手を繋げないのは悲しいじゃん?(笑))

 

だけど、レントゲンをしてみても、骨には異常ありません。また腱鞘炎?と、先生が場所を確認していきますが、どうも違うらしい。

 

 

「んー、こんな場所、壁にぶつけるわけないよね。コンチクショー!!!って、自分でやったんじゃないの?」って、先生に言われてしまった・・・。

 

私、「壁にぶつけちゃって・・・。」みたいな説明をしたんですけど、あれ?バレた?(笑)

 

 

そこから、「実は、同居してる姑が双極性障害で入院する直前だったので、私もも色々と限界で・・・・・・・・○○△△□□。」と話しているうちに、なんかねー、私、泣いてた。

 

実家の親には、心配させたくないからあんまり言えないし、友達にもなかなか理解してもらえないし、主人以外の人に、こんな話をしたのは初めてなんですよね。

 

あー、すっきりした(笑)

 

 

あ、結局、痛みについては、「交感神経が緊張しっぱなしの人は、何かの刺激(ちょっとした小さな刺激でも)が原因で、自律神経の通り道に痛みが残る」のだそう。

 

自律神経の乱れによる疼痛ってことでした。肘の横、肩近く、肩甲骨にブロック注射を打ったら、少し楽になりましたよ。

 

 

この診断、私が千代さんの話をする前に言われたので、ちょっとびっくり。そして、納得。先生すごい!!って感動しました。

 

「何かあったら、いつでもここに話にいらっしゃい。」と看護師さんも言ってくれて、心が軽くなりました。

 

湿布出されて終了~って病院も多いでしょうが、心の痛みまでとってくれるペインクリニックもあるんですね。

 

ほっこりしました。