読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかにして、統合失調症の姑とうまく関わるか

統合失調症の姑との毎日を綴ります。(*2016.4.4~の入院では、双極性障害と診断されました)

義父の手術と義兄について

こんばんは、haruです。前回の記事にちょろっと書いた、義父の手術が終わりました。今の医療はすごいですね。もう、退院もしましたよ。

 

 

ここ半年くらいの間かな。車で10分くらいのところに住んでいるお義父さんの具合があんまり良くありませんでした。

 

「足が震えて動けない。」と、主人の携帯に連絡があったり、震え出すと心臓があおられて眠れなくて、自分で救急車を呼んで病院へ行ったり・・・。

 

一度、私が神経内科へ連れていって、頭を診てもらったのだけど、軽い脳梗塞はあるものの、それが原因とは考えにくいってことで、湿布だけもらって帰ってきたり・・・。

 

その後も、症状は消えることなく、救急車で行った病院でヘルニアの検査をしたり、自宅近くの外科に行ったり・・・。

 

義父も諦めずに病院をまわりました。(この頃、主人は、身体の歪みとかが原因だろうと、あまり心配していなかった。)

 

最後に行った外科で、「前立腺癌」かもしれないと言われ、もう一度、救急車で行った大きな病院で検査を受けました。

 

すると、やはり前立腺癌。

 

不調の原因がわからないのは気持ち悪いからと、複数の病院をまわってくれた義父に感謝です。

 

ただね、かなり進行はしていて、ステージd。リンパ節や骨への転移も見られたので、前立腺の癌自体の摘除は、することが出来ませんでした。

 

前立腺癌は、男性ホルモンを栄養としているらしく、それをストップさせると、前立腺にある癌だけでなく、転移した癌への効果も期待出来そうってことで、ホルモン療法となりました。

 

注射や飲み薬でも良いのですが、それだと通うのも面倒だし、費用もかかるってことで、「もう年齢も年齢だから、精巣を摘除する手術にするよ。」という義父の選択のとおりの方法で・・・。

 

 

でね、千代さんの入院については、義兄に知らせたって、連絡が来たこともないし、直接、病院へ顔を見せるなんてこともなかったので、ここ数年、知らせてはいませんでした。

 

だけど、今回、義父の手術もありましたし、進行性の癌で、それもかなり進んだ状態での手術でしたから、千代さんの入院のことと合わせて、義兄のパートナーに知らせました。主人がね。

 

だって、こういう人って、何かあった時、なんで知らせなかったんだ?とか、因縁つけてきそうでしょう?保険の受取りが、主人の名前になってるそうだしなおさらです。

 

だから、そういったことを防ぐためにも、一応、知らせておいたって感じ。

 

 

そう、一応。一応だけどね?自分の親が二人とも入院していて、しかも、義父は進行してる癌でってなると、普通、顔見せにくらい来ません?高齢の、義父の兄でさえ、新幹線に乗って、手術当日は来てくれました。

 

すっごくすっごく忙しくたって、連絡の一つくらいしません?世の中に、連絡すら出来ない忙しい人っています?トイレにも行かないくらい忙しいのか??

 

結局、手術の二週間前と直前に連絡したけど、手術前も当日も、もちろん手術後も、なーんにも言ってきませんでした。

 

そりゃ、両親それぞれと色んなことがあって、今でも許せない気持ちがあるのはわかります。だけど、そういうの抱えてて、それでも親の介護をしてる人は山ほどいます。

 

それにね、別に、私と交代して、二人の面倒をみてくれと言ってるわけじゃない。どうして、連絡すら出来ないのか。ほんとムカつく。

 

 

自分勝手な行動のせいで、私の時間を奪っているのが分かりませんか?息子たちですらしないことを、どうして私がしなければいけないの?

 

どうして、「お願いね。」とか、「ありがとう。」とかが言えないの?(ありがとうどころか、千代さんの家に住まわせてもらっていることに感謝しろと言われたことがあります。)

 

こうなると、普段は蓋をして閉じ込めてある思いがどんどん出てくる。

 

納得出来ない思いがいっぱいです。いや、義兄が、千代さんと同じような疾患(統合失調症双極性障害など)を抱えていたとしたら?

 

うん、それだったら納得出来る。だって、千代さんと言うことやることが似てるもん。(多分、何か抱えているだろうなと思っています、ずっと)

 

 

そして、明日から、千代さんの外泊(今度は二泊三日らしい)が始まります。あー・・・、もうすぐ退院だぁ。