読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかにして、統合失調症の姑とうまく関わるか

統合失調症の姑との毎日を綴ります。(*2016.4.4~の入院では、双極性障害と診断されました)

家族ってなんだろう

こんにちは、haruです。

 

母は、ディーン・フジオカさんの大ファン。見逃したNHKのドラマ、「喧騒の街、静かな海」で主演をしていて、それを観たいと言うので、動画サイトから見つけ出し、二人で観ました。

 

 

精神疾患を抱えた母親の死、息子の心の葛藤、家族の在り方などが描かれていて、なんだか、主人と重なる部分(*もちろん、見た目ではありません)もあり、私は、観るの2回目だったんだけど、それでもグッととくるものがありました。

 

 

そのドラマの中のセリフの一つが、最初に観た時も今回、ずどーんと重く心に残りました。

 

「家族は、支えにもなるけど、足枷にもなる。自分を犠牲にするか、逃げるか。どちらかになりがちだ。」

 

 

自分の気持ち一つでどちらにでもなるのかもしれないが、支える家族とって、これほどしっくりくる表現はないんじゃなか?って思う。