読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかにして、統合失調症の姑とうまく関わるか

統合失調症の姑との毎日を綴ります。(*2016.4.4~の入院では、双極性障害と診断されました)

千代さんのお誕生日

こんばんは、haruです。一昨日、4月20日は、千代さんの70回目のお誕生日でした。

 

ここんとこ、部屋への侵入、分かりやすい嘘や言い訳、何度も起こる「拭き上げたつもりが、結果、弄便」などが続き、千代さんとの関係は良くなかったので、忘れてるフリしようかなーなんて思っていました。

 

だけど、千代さんには、祝ってくれる旦那さんがいない。

 

主人も義兄も、子供の頃に受けた虐待や、幼い自分達を置いて出ていった千代さんのことを、子供を捨てた人だと思ってて恨んでいますから、息子二人にも期待出来ない。

 

去年のお誕生日は、入院中だったため、誰にも祝ってもらっていない。

 

まあ、こうなったのは、千代さん自身が招いたことなんだけどね・・・。なんか、胸の中がモヤモヤする。

 

 

結局、中トロ丼、フルーツの盛り合わせ、千代さんの大好きなチーズケーキをお昼ご飯に用意しました。

 

プレゼントは、汚染で捨てることになってしまって、すぐに足りなくなる下着と靴下。あ、あと部分入れ歯用のポリデントスペシャルセットだ。

 

 

さすがに、「ハッピーバースデイ♪」なんて笑って言ってあげられるほど、私は出来た人間ではない。キッチンのテーブルの上、千代さんのスペースに、ポンと置いておきました。

 

 

 

「これなあに?」分かってるだろうに、聞いてきた千代さん。素直じゃないね。

 

「下着と靴下。」お誕生日プレゼントと言えない私も、かなり素直じゃない(笑)

 

 

「ありがと。」小さな小さな声で、ボソッと言ったのが聞こえました。

 

「うん。」同じくらい小さな小さな声で答えた私。

 

 

何やってんだ?私たち。

 

 

とりあえず、70歳のお誕生日おめでとう、千代さん。ここで言っておこう。